• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《うるしを入れたおけの意》真っ黒で何も見分けがつかないように、仏法について何もわからない僧。また、その原因である煩悩 (ぼんのう) や妄執をさす。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉