• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

漱石枕流の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

自分の失敗を認めず、屁理屈へりくつを並べて言い逃れをすること。負け惜しみの強いこと。▽「石に漱くちすすぎ流れに枕する」と常用され、夏目漱石の雅号「漱石」の由来として有名。「枕流漱石ちんりゅうそうせき」ともいう。
出典
『晋書しんじょ』孫楚伝そんそでん
句例
漱石枕流のごとき言い訳
類語
指鹿為馬しろくいば 孫楚漱石そんそそうせき
故事
中国西晋せいしんの孫楚そんそは「石に枕し流れに漱くちすすぐ」と言うべきところを、「石に漱ぎ流れに枕す」と言ってしまい、誤りを指摘されると、「石に漱ぐのは歯を磨くため、流れに枕するのは耳を洗うためだ」と言ってごまかした故事から。

漱石枕流の解説 - 学研 四字辞典熟語

偏屈な態度で、自分の誤りを指摘されても直そうとしないこと。負け惜しみでひどいこじつけをすること。
注記
「枕流漱石ちんりゅうそうせき」ともいう。「石いしに漱くちすすぎ、流ながれに枕まくらす」と読み下す。夏目漱石の雅号の「漱石」の由来として有名で、「負けず嫌い、偏屈者」という寓意ぐういを込めている。
故事
中国西晋せいしんの時代、孫楚そんそは、隠遁しようと決心して、友人の王済おうさいに「山奥で石を枕にし川の流れで口をすすごう」と言うべきところを「石で口をすすぎ、流れを枕にしよう」と言ってしまった。それを指摘されると「流れを枕にするのは、汚れた話を聞いた耳を洗うためで、石で口をすすぐのは歯を磨くためだ」と言い張った。
出典
『晋書しんじょ』孫楚そんそ
類語
牽強付会けんきょうふかい

漱石枕流の解説 - 小学館 大辞泉

[言動を表す/話す/こじつけ・詭弁]カテゴリの四字熟語

キーワード[こじつけ]の四字熟語