• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

潮を引かせる霊力があるという玉。しおふるたま。干珠 (かんじゅ) 。→潮満 (しおみ) つ珠 (たま) 

[補説]「ひ(干)る」は、上代には上二段活用だったので、古事記に「塩乾珠」とあるのなどは「しおふるたま」と読むべきものとされる。