《「しおこし」とも》樋 (とい) などをかけて海水を引くこと。また、くみ送ること。

「―のかけひもうつす雪間よりいかでたく藻の煙立つらむ」〈木工権頭為忠百首〉