[動サ五(四)]

  1. 液体の、にごり・よごれなどの不純物を除いて透き通った状態にする。「汲み置いて井戸水を―・す」

  1. 気持ちを落ち着かせて雑念のない状態にする。「座禅を組んで心を―・す」

  1. (「耳をすます」「目をすます」の形で)よけいなことを考えないで、その事一つに注意・意識を集中する。「耳を―・して聞く」

    1. ㋐そのようなことは自分に関係ないという顔をする。平然と構える。平気でいる。「―・した顔で人を笑わせる」

    2. ㋑まじめなようすをする。気どる。「おつに―・している」

  1. 洗い清める。

    1. 「御髪―・し、ひきつくろうておはする」〈・若菜上〉

  1. 世の中を落ち着かせる。平定する。

    1. 「一天を鎮 (しづ) め、四海を―・す」〈平家・一二〉

  1. (動詞の連用形について)

    1. ㋐一つのことに心を集中してその行為をする。「行い―・す」「聞き―・す」

    2. ㋑完全に…する。「研ぎ―・す」

[可能]すませる

出典:青空文庫