• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

濫竽充数の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

実際は能力のない者が、いかにも才能があるかのように振る舞い、分ぶん不相応の地位に居座って能力以上の待遇を受けること。▽「濫」はみだりに、でまかせにの意。「竽」は笛のこと。「濫竽」は無茶苦茶に笛を吹くこと。「充数」は必要な数を満たす意。
出典
『韓非子かんぴし』内儲説ないちょせつ
句例
濫竽充数の誹そしりを免れない
類語
南郭濫吹なんかくらんすい
故事
中国戦国時代、斉せいの宣王が竽という楽器を愛好したのに乗じて、南郭処士(都城の南に住む無官の人)は演奏する才能もないのに、数百人の楽士の中に交じって竽を吹いているふりをして優遇されていた。しかし、宣王の死後閔王びんおうが即位し、独奏を好んだ王の指示で、一人ずつ竽を吹くことになると、無能であることが露見するのを恐れた南郭処士は、ついに逃げ去ってしまったという故事から。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。