• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

永井荷風の小説。昭和12年(1937)発表。作家の「わたくし」こと大江匡 (おおえただす) と玉の井の娼婦お雪との交情を淡々と描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉