• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「瀬戸黒茶碗」の略》美濃国で天正(1573~1592)ごろに焼かれた黒無地の茶碗。薄作りで筒形のものが多く、高台 (こうだい) は低い。天正黒。