• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 川などの流れが浅く歩いて渡れる所。浅瀬。「瀬を渡る」⇔淵 (ふち) 

  1. 川の流れの急な所。また、海水の流れ。潮流。「瀬を下る」「潮瀬」

  1. 物事に出あうとき。機会。「身をすててこそ浮かぶ瀬もあれ」「逢 (お) う瀬」

  1. 置かれている立場。「立つ瀬がない」

  1. そのような点。ふし。

    1. 「かへりて面だたしげなるを、うれしき―もまじりて、大臣 (おとど) は御涙のいとまなし」〈・葵〉

  1. 場所。ところ。

    1. 「聞かずともここを―にせむ時鳥 (ほととぎす) 山田の原の杉の群立ち」〈新古今・夏〉