• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

津島佑子の長編小説。富士山麓に住む有森家の5代にわたる物語。平成10年(1998)刊行。同年、第34回谷崎潤一郎賞、第51回野間文芸賞受賞。副題は「山猿記」。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉