[名](スル)《「焼け処 (ど) 」の意》
  1. 火炎・熱湯や高温物体、熱線などに触れて皮膚が焼けただれること。表皮部分では紅斑が生じる程度であるが、真皮 (しんぴ) に及ぶとむくみ・水ぶくれなどができ、皮下にまで及ぶと壊死 (えし) に陥ることが多く、治ってもひきつれやケロイドの残ることがある。かしょう。

  1. (比喩的に)失敗したり、手痛い経験をしたりすること。「先物取引に手を出して火傷する」

出典:青空文庫

出典:gooニュース