• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

野坂昭如 (あきゆき) の小説。終戦間近の神戸市で、親を亡くした兄妹が懸命に生き延びようとする姿を描く。昭和42年(1967)発表。同年「アメリカひじき」とともに第58回直木賞受賞。昭和63年(1988)、高畑勲監督によりアニメ映画化。平成17年(2005)ドラマ化。平成20年(2008)には実写映画化もされた。