• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

檀一雄の小説。「新潮」誌上で昭和30年(1955)より20年にわたり断続的に連載。流浪の作家と彼をとりまく女性たちを描く。昭和61年(1986)、深作欣二監督・脚本により映画化され、第10回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞。