• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

密教で、不動明王火生 (かしょう) 三昧を修する際、印 (いん) を結び、その印から大火炎が無限に流れ出るのを観想しながら唱える呪文 (じゅもん) 。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉