1. 火曜日。

  1. 五行 (ごぎょう) の第二位。方位では南、季節では夏、五星では火星、十干では丙 (ひのえ) ・丁 (ひのと) に配する。

〈火〉⇒

〈箇〉⇒

  1. 物が燃えて光や熱を出す状態や現象。また、その炎。「火が燃える」「火山が火を噴く」「額が火のように熱い」

  1. 炭火。おき。「火鉢に火をつぐ」

  1. 物を煮炊きする火や熱。「やかんを火にかける」「オーブンに火を入れる」

  1. 火打ちの火。「火を打つ」

  1. 火の粉。火花。「目から火が出る」

  1. タバコの火。「火を貸して下さい」

  1. 火の気。火のあたたかみ。「火のある部屋」

  1. 火事。「火を出す」「火の元」

  1. (恋や怒りなどで)胸の中に起こる激しい感情。「嫉妬の火を燃やす」

  1. 10 狼煙 (のろし) 。

    1. 「天下に兵革おこる時、所々に―を上げ」〈平家・二〉

  1. 11 月経。

    1. 「奥様の十九めかけの―が止まり」〈柳多留・五〉

[補説]作品名別項。→

火 (ひ) 。多く他の語に付いて複合語をつくる。「火かげ」「火なか」「火や」

「伊邪那美 (いざなみ) の神は―の神を産みしに因りて」〈古事記・上〉

《原題、(イタリア)Il Fuoco》アルチンボルドの絵画。板に油彩。縦67センチ、横51センチ。「四大元素」と総称される寄せ絵の連作の一。薪やろうそくなど、火にまつわるさまざまな物で構成される。ウィーン、美術史美術館所蔵。