1. ともした火。あかり。とうか。ともし。「―がともる」「風前の―」「心の―」

  1. 平安時代、大学寮の学生に、勉学のための灯油代として与えた奨学金。

[補説]書名別項。→ともしび

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉