[動サ変][文]てん・ず[サ変]
  1. 筆の先などで点をつける。「詩句のかたわらに―・ずる」

  1. 火をつける。あかりをともす。

    1. 「居間へ戻って灯火を―・じ」〈二葉亭浮雲

  1. しずくをたらす。「目薬を―・ずる」

  1. 書き入れる。さす。「朱を―・じた唇」

  1. 漢文に訓点をつける。「送り仮名を―・ずる」

  1. 茶をたてる。「茶を一服―・ずる」

  1. 時や場所などをそれと定める。指定する。

    1. 「木幡といふ所は…その大臣の―・じ置かせ給へりし所なり」〈栄花・疑ひ〉

  1. 選定する。点検する。

    1. 「近日宇多津に於て兵船を―・じ、備前の児嶋に上って」〈太平記・一四〉

  1. 削り減らす。没収する。

    1. 「いやみ思ひて、領 (し) らん所共―・ぜよ」〈宇治拾遺・三〉

出典:青空文庫