• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

烏丸光広の解説 - 小学館 大辞泉

[1579~1638]江戸初期の歌人。公卿。京都の人。和歌を細川幽斎に学ぶ。書にもすぐれ、上代和様の名筆。家集「黄葉和歌集」、歌道書「耳底記 (にていき) 」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉