サトイモ科の多年草。畑などに生え、高さ約20センチ。葉は3枚の小葉からなり、長い柄の中ごろと上端とに1個ずつむかごをつける。6月ごろ、緑色の仏炎苞 (ぶつえんほう) をもつ花穂をつける。根茎を漢方で半夏 (はんげ) という。すずめのひしゃく。へそくり。