• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「烏芻沙摩」は梵Ucchuṣmaの音写。汚れを転じて清浄にする意》不浄なところに祭られる明王。忿怒 (ふんぬ) 形で火炎の中にあり、二臂 (にひ) ・四臂などいろいろの形相をとる。密教などでは便所の守護神とする。