• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

心からではない、口先ばかりの言葉。無げのことのは。

「―なれど、せちに心に深く入らねど」〈・二六九〉