[名・形動]この上もないこと。最もすぐれていること。また、そのさま。最上。「無上な(の)喜び」「無上な(の)幸せ」

出典:青空文庫