1. 人が住んでいないこと。また特に、寺に住職がいないこと。また、その寺。「無住の庵」「無住の寺」

  1. 仏語。心の中の一切の束縛を断ち切った、とらわれのない状態。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫