• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

財産上の出捐 (しゅつえん) 行為において、原因(契約など)が法律上無効であっても、それ自体は有効とされる行為。例えば手形行為で、売買代金として手形を交付したときは、たとえ売買が無効とされた場合でも、手形そのものの有効性には影響しない。⇔有因行為

[社会/法律]カテゴリの言葉