[名・形動]

  1. 学問・知識のないこと。また、そのさま。ぶがく。「無学な自分を恥じる」

  1. 仏語。煩悩を断ち尽くし、もはや学ぶべきもののない境地。阿羅漢果 (あらかんか) 。「無学位」「無学果」⇔有学 (うがく) 

出典:青空文庫