[名・形動]

  1. いくら取ってもなくならないこと。また、そのさま。「無尽蔵な(の)太陽エネルギー」

  1. 広くて、尽きることのない徳を包含する蔵。すなわち、仏教のこと。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫