• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

無常迅速の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

現世の物事の移り変わりがきわめて速く、むなしいものであるさま。転じて、人の一生は短く、死期が思い掛けず早く訪れることのたとえ。▽仏教語。「無常」はあらゆるものは生死を繰り返し、永久不変のものは一切ないということ。「迅速」はきわめて素早いさま。
出典
『六祖壇経ろくそだんきょう
句例
無常迅速の人生
用例
私達の親しむ自然は無常迅速の思いをそそらないものはない。<島崎藤村・春を待ちつつ>
類語
老少不定ろうしょうふじょう
活用形
〈―ナ〉

無常迅速の解説 - 学研 四字辞典熟語

人の世の移り変わりが非常に速いこと。人生がはかないこと。また、死が思いがけず早くやってくること。
注記
もとは仏教のことば。「無常」は、ありとあらゆるものは生と死を繰り返し、永久不変なものは一つとしてないということ。「迅速」は、非常に速いさま。
出典
『六祖壇経ろくそだんきょう
用例
無常迅速は実にわが国の風土の特徴であるように私には思われる。〈寺田寅彦・連句雑俎〉
類語
老少不定ろうしょうふじょう

無常迅速の解説 - 小学館 大辞泉

仏語。人の世の移り変わりがきわめて速いこと。人の死が早く来ること。

[人知を越えたものを表す/時間/無常・はかない]カテゴリの四字熟語

キーワード[移り変わり]の四字熟語

キーワード[生死]の四字熟語