• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「神道無念流」の略称》剣術・居合術の流派の一。福井兵右衛門嘉平 (よしひら) を祖とし、門人の戸賀崎熊太郎によって広まったとも、また、幕末の剣客斎藤弥九郎が教授したともいわれる。