限りのないこと。はてしのないこと。

「此種の文字は人間―の嗜好に供すべき者なれば」〈逍遥小説神髄

出典:青空文庫