• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

無為徒食の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

何もしないで、ただ無駄に毎日を過ごすこと。意味もなく時間を費やすこと。▽「無為」は何もせず、人の手を用いないこと。「徒食」は働くこともせず、無駄に日を送ること。
句例
無為徒食の生活
用例
事業好きで活動家だった先代譲りの財産によって、ふところ手のまま、無為徒食している退屈な身分。<武田麟太郎・銀座八丁>
類語
酔生夢死すいせいむし 飽食終日ほうしょくしゅうじつ 無所用心むしょようじん
活用形
〈―スル〉

無為徒食の解説 - 学研 四字辞典熟語

何もしないで毎日ぶらぶらと遊び暮らすこと。
注記
「無為」は、何もしないこと。「徒」は、「いたずらに」「むだに」の意。「徒食」は、むだに食べてばかりいることから転じて、ぶらぶらと遊び暮らすこと。
類語
酔生夢死すいせいむし 飽食終日ほうしょくしゅうじつ

無為徒食の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)なすべきことを何もしないでただ遊び暮らすこと。「貯金を頼りに無為徒食して日々を過ごす」

[非難する/いたずらに生きる]カテゴリの四字熟語

キーワード[怠ける]の四字熟語