仏語。おそれるところのないこと。特に、仏が法を説くときの何ものをもおそれない態度。4種あると説き、四無畏 (しむい) という。無所畏。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉