• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《古くは「むじゅう」》終わりのないこと。果てしのないこと。

「―無限の道程をたどり行く旅人として」〈寅彦・相対性原理側面観〉