無茶苦茶の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

物事の順序が、筋道立っていないさま。また、物事が度を越して激しいさま。▽単に「無茶」ということもある。「苦茶」は「無茶」を強める語。「無茶」も「苦茶」ももともとあった音に漢字を当てたもの。
句例
無茶苦茶な考え
用例
しなければするまで投げる。しまいには三つも四つも握って無茶苦茶に投げる。<鈴木三重吉・千鳥>
類語
滅茶苦茶めちゃくちゃ 滅茶滅茶めちゃめちゃ
活用形
〈―ナ〉

無茶苦茶の解説 - 学研 四字熟語辞典

筋道が立たないさま。物事が混乱してわけがわからないさま。また、物事の程度がはなはだしいさま。
注記
「無茶」は、筋道の立たないこと。むやみなこと。「苦茶」は、「無茶」の意味を強める。「無茶」も「苦茶」も、当て字。
類語
目茶目茶めちゃめちゃ

無茶苦茶の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]むちゃ」を強めていう語。「無茶苦茶を言うな」「無茶苦茶に暴れる」「無茶苦茶な値段」
[補説]「無茶苦茶」は当て字。

キーワード[混乱]の四字熟語

出典:gooニュース

出典:青空文庫