[名・形動]広大で果てのないこと。また、そのさま。無辺。
  • 「縹渺と―に拡がって居る海を」〈菊池寛・俊寛〉

出典:青空文庫