[名・形動]《「ぶとう」とも。「不道」の場合は「ふどう」とも》
  1. 人の道にはずれること。また、そのさま。非道。「悪逆―」

    1. 「欲心に義を忘れたる五大院右衛門が心の程、希有 (けう) なり、―なりと」〈太平記・一一〉

  1. 見苦しいこと。また、そのさま。

    1. 「憎らしい―な形 (なり) で、遠慮会釈もなう」〈浄・大経師

  1. 律の八虐の一。残虐な殺人、近親者に対する殺人などの罪。

出典:青空文庫