• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大乗経典。1巻。曇摩伽陀耶舎 (どんまかだやしゃ) 訳。481年成立。法華三部経の一。法華経の序論に当たる開経とされ、無相の一法から無量義、実相の諸法が生じることについて説いたもの。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉