• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 静岡県、佐夜の中山にあった曹洞宗の観音寺の鐘。この鐘をつくと現世では金持ちになるが、来世で無間地獄に落ちるという。

  1. 歌舞伎浄瑠璃趣向の一つで、手水鉢 (ちょうずばち) を1になぞらえて打つもの。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉