詩文で韻をふまないこと。