[動ラ下一][文]いら・る[ラ下二]心が落ち着かないで、いらだつ。
  • 「身は弥々 (いよいよ) 危く心は益々―・れる」〈風葉・下士官〉
「心もとなけれど、なほなほとうちつけに―・れむも様あしければ」〈・夢浮橋〉

出典:青空文庫