• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

焦唇乾舌の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

唇や舌が乾くほどに辛苦すること。大いに焦燥すること。また、大いに言い争うことのたとえ。大いに焦るさまに用いられることもある。唇が焦げ舌が乾く意から。▽「唇くちびるを焦がし舌したを乾かわかす」と訓読する。「乾舌焦唇かんぜつしょうしん」ともいう。「唇」は「脣」とも書く。
出典
『史記しき』仲尼弟子伝ちゅうじていしでん
類語
苦心惨憺くしんさんたん 粒粒辛苦りゅうりゅうしんく

焦唇乾舌の解説 - 学研 四字熟語辞典

ひどい苦しみを味わって苦労していること。焦燥に駆られて悩むさま。辛苦や焦燥で、唇が焦げ、舌が乾くほどだという意から。また、激しく言い争う意でも使われる。
注記
「焦唇」は、唇が焦げること。「乾舌」は、舌が乾くこと。「乾舌焦唇かんぜつしょうしん」ともいう。「唇くちびるを焦がし、舌したを乾かわかす」と読み下す。
表記
「焦唇」は、「焦脣」とも書く。
出典
『史記しき』仲尼弟子ちゅうじていし
類語
意匠惨憺いしょうさんたん 苦心惨憺くしんさんたん

キーワード[苦心・苦労]の四字熟語

キーワード[苦悩]の四字熟語

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。