• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

焦心苦慮の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

心を痛めて、あれこれ思いをめぐらし悩むこと。▽「焦心」は気をもむこと。「苦慮」は心を悩まし考えること。
活用形
〈―スル〉

焦心苦慮の解説 - 学研 四字熟語辞典

あれこれ悩んで苦心すること。いろいろな心配事で、焦っていら立つこと。
注記
「焦心」は、いら立つ心。「苦慮」は、気をもむこと。
用例
ふっとした行きちがいから、何年にも続いて、自分の魂を打ち込んで焦心苦慮したことがまるで水の泡になってしまったことを慨なげいても歎なげいても足りないで私はひとり胸の中で天道を怨みかこつ心になっていた。〈近松秋江・霜凍る宵〉
対義語
虚心坦懐きょしんたんかい

[揺れる気持ちを表す/悩む]カテゴリの四字熟語

キーワード[苦心・苦労]の四字熟語

キーワード[苦悩]の四字熟語

難読漢字遊戯 漢検上位レベルの問題に挑戦! goo辞書

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。