• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 《「さもさうらはず」の音変化》いや、そうではない。とんでもない。

    1. 「―。入道殿こそ過分の事をばのたまへ」〈平家・二〉

  1. 《「さもさうらはんず」または「さもさうらはんとす」の音変化》それもそうであろう。いかにもそのとおりであろう。

    1. 「―さもあらん、此の度は仕損ずとも」〈浄・出世景清