• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

そうであるけれども。そうではあるが。

「今日の如き…光輝を発したるは、未曽有の事なるべし、―、ここに止まるべからず」〈中村訳・西国立志編