[連語]《連語「しかるべし」の連用形》(副詞的に用いて)適当に。よいように。「然る可く取り計らう」
[補説]慣例的に法曹が法廷などで同意や異議なしの表明の際に用いる。