• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連体]《動詞「さ(然)り」の連体形から》
  1. 名称や内容を具体的に示さずに、人・場所・物事などを漠然とさしていう語。ある。「―人の紹介」「―子細があって」

  1. (前の事柄を受けて)そのような。そういう。

    1. 「―女の今の世にあらじとや」〈宇津保・内侍督〉

  1. しかるべき。相応の。りっぱな。

    1. 「別当入道―人にて」〈徒然・二三一〉