[動カ五(四)]
  1. 火をつけて燃やす。また、燃やしてなくす。焼失する。「枯れ草を―・く」「失火で家を―・く」

  1. 火に当てて熱を通し、食べられるようにする。「魚を―・く」

  1. 火で熱して製品などをつくる。「瓦を―・く」「炭を―・く」「クッキーを―・く」

  1. 日光などに当てて変色させる。「肌を小麦色に―・く」

  1. 写真の原板から陽画をつくる。「サービス判で―・く」

    1. ㋐患部に薬品を塗ったり、放射線を当てたりする。「扁桃腺 (へんとうせん) を―・く」

    2. ㋑薬品で皮膚の組織などを損なう。「酸で手のひらを―・く」

    3. ㋒やけどをさせる。「スープで舌を―・く」

  1. 悩んで苦しい思いをする。「恋に身を―・く」

  1. あれこれ気を使う。扱いなどで悩む。「世話を―・く」「手を―・く」

  1. (「妬く」とも書く)嫉妬 (しっと) する。「上の娘と仲良くすると下の娘が―・く」

  1. 10 CD・DVD・ブルーレイディスクなどに、音声・文書・画像などのデータを記録する。書き込む。

  1. 11 (江戸前期、上方の遊里で)うれしがらせを言う。おだてる。

    1. 「この道に身をなし、人をよく―・くとて」〈浮・一代女・五〉

[可能]やける
[動カ下二]やける」の文語形。

出典:青空文庫

出典:gooニュース