[動カ下一][文]や・く[カ下二]
  1. 火がついて燃える。燃えてあとかたもなくなる。「古タイヤの―・けるにおい」「家が―・ける」

  1. 火が通って食べられるようになる。「サンマが―・ける」「餅が―・ける」

  1. 熱せられて熱くなる。「―・けたトタン屋根」「土が―・けて農作物がとれない」 夏》

  1. 木炭や陶磁器など、製品ができ上がる。「炭が―・ける」「パンが―・ける」

  1. 日光や紫外線に当たって皮膚が黒くなる。「赤銅 (しゃくどう) 色に―・けた肌」

  1. 日光や薬品のために変色する。あせる。「西日でカーテンが―・ける」

  1. 日光を受けて空や雲が赤く染まる。「真っ赤に―・けた西の空」

  1. (「胸がやける」などの形で)食物が胃にたまったりして胸の中が熱く感じる。「食べすぎて胸が―・ける」

  1. (「妬ける」とも書く)ねたましく感じる。「はたが―・けるほど仲がいい」

  1. 10 (「世話がやける」「手がやける」などの形で)手がかかる。やっかいである。「ほとほと世話が―・ける」「手の―・ける子」

  1. 11 深く恋い慕う。思い乱れる。

    1. 「焼く塩の思ひそ―・くる我が下心」〈・五〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫