• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一度焼けた杭は火がつきやすいところから、以前に関係のあった者どうしが、再びもとの関係に戻ることのたとえ。主に男女関係についていう。

[補説]「焼けぼっくりに火が付く」とするのは誤り。