• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「やきばた」とも》山林・原野を伐採してから火をつけて焼き、その灰を肥料として作物を栽培する農法。また、その畑。古くから行われており、数年で地力が消耗すると放置し、10年程で自然が回復すると再び利用する。切り替え畑。「―農業」