• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

煙波縹渺の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

水面がもやなどで遠くまで煙って、空と水面の境界がぼんやりしてはっきりとしないさま。▽「縹渺」はぼんやりしてかすかなさま。「煙」は「烟」、「渺」は「緲」「眇」とも書く。
用例
伊豆の山々青螺の如ごとくにして左手ゆんでの空を限り、右手は煙波縹渺の間、はるかに御前が崎を望む、景物限りなく壮大なり。<高山樗牛・清見潟日記>
活用形
〈―タル〉 〈―ト〉

[自然や季節を表す/自然/さまざまな自然・風景]カテゴリの四字熟語